ツメダニの駆除方法と効果的な対策

  • ツメダニ(体長 約0.3~1mm)

ツメダニの特徴・生態・発生箇所

1.見た目の特徴・生態

ツメダニは約0.3~1mmで、ヒョウダニ、コナダニといった他のダニをエサにして生息するダニです。


2.発生時期

春から秋にかけて活動し、特に6~9月は活発です。


3.カーペット、畳、布団などに発生

ツメダニはカーペットや畳、布団に発生するヒョウダニやコナダニを捕食するため、同様の場所に発生します。湿度の高い場所やほこりや塵が溜まっている部屋にあるカーペット、畳、布団などに発生しがちです。

ツメダニの有害性と被害

人を刺し、強い痒みを引き起こす

ツメダニは人を刺します。刺されると強い痒みが起こり、1週間ほど続くこともあります。

ツメダニの効果的な駆除方法と予防対策

1.アルコール系の薬剤による駆除が効果的

ツメダニの駆除はアルコール系の薬剤を発生している箇所全体(カーペットならカーペット全体)に散布することで殺虫することが効果的です。水分の残りやすい薬剤を使用すると、湿気により再発生する可能性があるためです。ただし、薬剤を使用しての駆除は専門性を要しますので、お困りの場合はどうぞお気軽にご相談ください。


2.換気と掃除を徹底する

ツメダニの発生を防ぐには、部屋に湿気をこもらせないようこまめに換気することが大切です。また、ほこりや塵はコナダニなどの発生源となり、それらがツメダニの発生源となります。部屋は掃除機でよく清掃し、ほこりや塵が溜まっている状態を作らないことが重要です。

ページトップへ戻る

法人・事業主様の施設専門

ネズミ駆除・害虫駆除、予防、衛生管理サービスの
お問い合わせ、ご質問、ご相談はこちら

  • お電話でのお問い合わせ 044-948-7110 電話受付時間:平日9:00~18:00
  • フォームからお問い合わせ お問い合わせお見積り依頼