キイロショウジョウバエの成虫(体長約2~2.5mm)

キイロショウジョウバエの成虫(体長約2~2.5mm)

1 .ショウジョウバエの特徴・生態・発生箇所

1-1.見た目の特徴・生態

ショウジョウバエの成虫は約2~2.5mmと小さく、薄茶色をしています。
メスは羽化後、3~4日後には産卵し始め、約30日間の生存期間中に500個以上の卵を産みます。発生要因があれば瞬く間に大量発生しがちです。

1-2.発生時期

主な発生時期は春先から秋にかけてです。

1-3.ベーカリー、ドリンクサーバー、生ゴミ周辺で発生

ショウジョウバエは体長約2~2.5mmの小さなハエで、パン、腐敗した果物・野菜、ビールなどの酒類、フルーツジュースといった発酵物に集まり、生息、繁殖する習性があります。
ベーカリー内のパンくず、青果加工場内の青果くず、むき出しになった生ゴミ、ドリンクサーバー周りのこぼれた飲み物や注ぎ口についた飲み物などはショウジョウバエを誘引しやすいものの代表例です。

2.ショウジョウバエの有害性と被害

2-1.食材や食品、飲料への異物混入

ショウジョウバエは食材を扱う施設で発生しやすく、食材や食品、飲料へ集まる習性があるため、異物混入を生じるリスクが非常に高い害虫です。

2-2.不快感・風評被害・営業停止処分を招くリスク

ハエ類は短期間に大量発生して昼夜を問わず屋内を飛来し、人目につきやすく不快感・不潔感を与えます。こうした状況は風評被害を招き、結果として大きな経済的損失につながる可能性もあります。

発生状況によっては行政による営業停止処分を招く可能性もあります。

3 .ショウジョウバエの効果的な駆除方法と予防対策

発生原因をなくすことが重要

ショウジョウバエの駆除方法としては、捕虫器による成虫の捕獲と、産卵箇所への殺虫剤処理を行います。

ただし、発生要因がある限り再び発生しやすいため、これをなくすことがより重要な対策といえます。
大切なのはこまめな清掃です。果物くずやパンくずなどの食材カスを放置しないこと、ビールサーバーやドリンクサーバー周囲を清潔に保つことなどを徹底しましょう。サーバーの注ぎ口は、閉店中はラップで覆い、開店前は洗浄するとよいです。

店舗・工場・倉庫・建物などのハエ・コバエ防除はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ・お見積り依頼

ハエ・コバエ駆除サービスを詳しく見る

ハエ・コバエ駆除の実績を見る

日本防疫の特長・強み

法人・事業主様の施設専門ネズミ駆除・害虫駆除、予防、衛生管理のお問い合わせ・お見積り依頼

お電話でのお問い合わせ 044-948-7110
フォームからお問い合わせ お問い合わせお見積り依頼
お電話でのお問い合わせ 044-948-7110
フォームからお問い合わせ お問い合わせお見積り依頼