ゴキブリ駆除サービス

ゴキブリ(クロゴキブリやチャバネゴキブリなど)は、飲食店、食品工場、ビル・建物、物流倉庫などで発生した場合、
異物混入、不快感、風評被害などさまざまなリスクを招きます。
日本防疫は、食品事業の店舗や工場、建物などのゴキブリ駆除を専門に行っており、
ここでは、ゴキブリの種類や被害のケース、最適な駆除方法、日本防疫のゴキブリ駆除の特長をご紹介します。
HACCP義務化に向けた衛生対策や建物衛生管理の強化にぜひお役立てください。

ゴキブリの種類と被害

ゴキブリの種類

飲食店、食品スーパ―、食品工場、ビルなどに発生しがちなゴキブリは、主に以下の3種類です。

ゴキブリによる被害ゴキブリによる被害

ゴキブリは主にこのような被害をもたらします

  • 1 食材・食品への
    異物混入
  • 2 不快感・風評被害
  • 3 病原細菌・ウィルス
    などを媒介

1 . 食材・食品への異物混入

ゴキブリはエサを求めて食材・食品に近づきます。ゴキブリの駆除・予防措置を行っていない、もしくは措置を行っていても効果が不十分な施設環境では、食材・食品は常にゴキブリが異物として混入するリスクと隣り合わせであるということになります

2 . 不快感・風評被害

ゴキブリの排泄物、あるいはゴキブリ自体が目に付くことで、顧客に不快感を与えることはいうまでもありません。こうした状況はSNSでの拡散などによる風評被害を招き、結果として大きな経済的損失につながる可能性も否定できません。また、衛生状況によっては、行政による営業停止処分を招くリスクもあります。

3 . 病原細菌・ウィルスなどを媒介

ゴキブリは下水やゴミ置き場、清掃の行き届かない狭い箇所などの不潔な箇所に営巣します。そして、営巣箇所と食品、食器を往復するため、消化器系感染症の病原細菌、急性灰白髄炎(ポリオ)ウィルス、赤痢アメーバなどを媒介します。また、ゴキブリの体内にいる寄生虫が媒介されることもあります。 ただし、これらが実際にどの程度人体に影響を与えるかまでは明確になっていません。ゴキブリによる被害への対策は、疾病の媒介による害よりも、「異物混入」「不快性」への対策がより重要といえます。

日本防疫のゴキブリ駆除方法・特長

1.ゴキブリのすみかを特定し、発生源から駆除する技術

ゴキブリの発生をなくすには発生源から駆除することが必要です。ゴキブリを見かけた箇所へ駆除剤を施すだけでは、繰り返し発生してしまいます。

弊社は、ゴキブリの営巣箇所を特定し、巣ごと根絶させる技術を持ち合わせています。例えば飲食店に発生しがちなチャバネゴキブリは行動範囲が限られており、オスは営巣箇所から半径5~6m、メスは1m以内です。そのため、メスを確認できればゴキブリの営巣箇所を特定することができます。

2.食品取り扱い施設に適した安全な駆除方法

弊社は、食品取り扱い施設に適した安全な駆除方法を採用しています。
駆除剤を広範囲に散布する駆除方法は行わず、営巣箇所に一点集中でペースト状の塗り薬を使用します。また、塗布箇所は腰の高さより低い位置のみです。施設内、商品、食品、食材などに飛散することはございませんのでご安心ください。

3. 昼間の駆除処置により費用を抑制

弊社の駆除方法は昼間の実施で十分に効果を出すことが可能です。広範囲の駆除剤散布など、お客さま施設の営業時間外でなければ実施が難しい方法は採用しておりません。夜間に駆除処置を行わない分、施工費用を安価に抑えております。

ハエ・コバエ、蚊の駆除サービスはこちら

その他の害虫の対策はこちら

ゴキブリの駆除についてご質問・ご相談を受け付けております。

無料調査にてゴキブリの発生状況と効果的な駆除方法をお調べすることも可能です。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る

法人・事業主様の施設専門

ネズミ駆除・害虫駆除、予防、衛生管理サービスの
お問い合わせ、ご質問、ご相談はこちら

  • お電話でのお問い合わせ 044-948-7110 電話受付時間:平日9:00~18:00
  • フォームからお問い合わせ お問い合わせお見積り依頼